製造工程~出荷

品質管理

原料の選定

ポリエチレン原料には様々な種類があり、それぞれが固有の特徴を持っています。
透明性の高いもの、破れにくいもの、柔軟性に富むもの・・・・
ユーザーの用途、使い方に合わせて、コスト面も考慮にいれながら最適な原料を選定します。

ポリエチレンは一般的に大きく2つの種類に分別されます。

低密度ポリエチレン

高密度ポリエチレン

インフレーション成形

弊社では「インフレーション成形」と呼ばれる成形法でポリエチレン原料を成形します。原料を熱で溶かして練り、ダイスからチューブ状に押出し、中に空気を入れて膨らましながら上向きに引き取ります。

この工程では、チューブにガゼット折込みを入れたり、印刷適正を向上させるための「コロナ処理」を行うこともあります。

印刷工程​

弊社ではグラビア印刷と呼ばれる手法を用いて、ポリチューブ(フィルム)への印刷加工も行っております。

グラビア印刷機を使用し、シリンダーに塗布したインキを圧胴で圧力をかけて転写する方法で、ポリチューブ(フィルム)の表面へ様々な印刷をすることが可能で、カラー印刷等の多色刷りも対応可能です。

製袋工程

この工程では、インフレーション成形されたチューブを袋へと加工します。

「製袋機」と呼ばれる機械を用いて、チューブをカット&シールする事で、袋へと加工します。製袋の基本的な方法としては、単純に長さ方向に袋としての所要長さをとって底部のみにヒートシールを行い、切断すれば袋が出来上がるので、お客様の要望に合わせて細やかなサイズ設定が可能となります。

製品の保管 ~ 出荷

完成した製品は自社倉庫にて一時保管されます。ここから弊社契約の運搬業者を介して各事業所へ、または直接お客様の手元へと届けられます。

品質管理

〒830-0048

福岡県久留米市梅満町534番地の5
TEL:0942-33-9271(代表)
TEL:050-3385-8742(IP)
FAX:0942-33-9279